DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
「形だけなんだから、一番安いのにしたのよ。でも別にわかんないでしょ?」
穴になってしまった左目に、少しアンバランスな義眼をつけたまさねえちゃんが、玄関前でいつものように騒いでいた。
「ほんとはいらないんだけど、やっぱり穴が開いてたら、みんなびっくりするから。
そうそう、これ、ママレモンで洗っていいんだって!」
と、けらけら笑うまさねえちゃんをみて、もう、うるさいと感じることはなく、本当に私は尊敬していた。
そんなポジティブなまさねえちゃんが、唯一悲しそうに話すのが、髪の毛のことだった。がん治療中なのに、髪の毛がまだあることを、いつも自慢していたまさねえちゃんの髪の毛は、このころから、目だって抜け落ちるようになってきていて、所々がはげてしまっていた。
「ソラにもね、学校にこないでって言われたの・・・」
と悲しそうに話すのを聞いて、かつらを勧めたのだが、倹約家のまさねえちゃんは、とても悩んでいるようだった。
次の日、母と、かつらをプレゼントしようと話していたら、玄関口に髪をみじかく刈り上げたまさねえちゃんがげらげら笑いながら駆け込んできて、
「ちょっと聞いて!カイに髪の毛のこと相談したら、なんていったと思う?
お父さんのほうがはげてるから、大丈夫だよだって!だから面倒くさいし、やっぱかつらはしないどくわ」
と楽しげに話した。
でも数日後、かつらをかぶったまさねえちゃんが、うっすら涙を浮かべて玄関口に来て、
「カイが・・・カイが注文してくれてたの」
と本当にうれしそうに話していた。
それからのまさねえちゃんは、今までにまして精力的に、忙しく毎日を過ごすようになった。                                                     
今までの倍以上の人との付き合い、PTA会長としての活動、一度は川に落ちた子供を飛び込んで助け、警察から表彰されたりもしていた。
季節外れにもう一度咲く桜も、あの時以来毎年二度咲き、それをみたまさねえちゃんは、
「あの桜は私の目標。せっかくの命だから、たくさんいろんなことしたいの」
と、口癖のように言っていた。
その桜が、また二度目の開花をしたころ、学校から帰宅中のソラが、突然ストンと座り込み、そのまま立ち上がることができなくなった。
スポンサーサイト

テーマ : ノンフィクション - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 明日があるということ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。